音楽

音楽理論講座第1回目「インターバル」を分かりやすく解説! 

こんにちは!

 

音楽理論について、ゆる~く解説していこうと思いました。

 

第1回目は

 

「インターバル(音程)」

 

について書いていこうと思います。

 

音楽理論を学ぶうえで、まず基礎となるインターバル。

 

こちらを分かりやすく解説していきたいと思います。

音楽を理解するうえで、コードやスケールなどの基盤となります。

この先、音楽理論を学ぶときに重要となってきます!

音楽理論講座第1回目「インターバル」を分かりやすく解説!

それではインターバルについて学んでいきましょう。

 

インターバルとは?

インターバルとは、基準となる音があって2音間の関係性のこと。
音と音の距離
ex.ドが1度のとき、ミは3度である。
簡単に言うと、
何番目にその音があるかということ。

音階の仕組みについて

まず、ドレミファソラシドの関係では、全全半全全全半となる。
ピアノの場合、間に黒鍵があるか無いかで決まる。
ex.ミとファの間には黒鍵が無いので半となる。

度数について

度数の種類はどのようなものがあるのでしょうか?
見ていきましょう!

完全度数と長短度数

完全度数とは、音が共鳴したときに揺らぎが無く形成されていてパワーがあるもの。
長短度数とは簡単に言うと、メジャーが「長」、マイナーが「短」となっています。
*ピアノの場合では白鍵が「長」、黒鍵が「短」と考えれば簡単ですね。
めちゃくちゃ汚くて申し訳ないのですが、、笑
下が例です。

増減度数

増減度数ーその音の上下を表した関係性のこと。

ex.5度の上が増5度、5度の下が減5度と呼ぶ。

固定「ド」と移動「ド」

 

 

また、固定「ド」、移動「ド」についてもお話ししておきます。

 

固定「ド」とは、どのようなキーの曲でもドレミ~の位置が変化しません。

 

 

移動「ド」は、曲のキーに合わせてドレミ~の位置を変化させます。

 

 

現代では移動「ド」を使用する楽曲がほとんどとなっています。

 

 

身近な例を上げるならカラオケです。

 

 

好きな曲を歌う場合、自分が歌いやすいキーに変えるときがありますよね。

 

 

その場合、そのキーに合わせてドレミが変化しています。

 

 

だから、キーを変えてもメロディーは変わりませんよね?

 

これが、移動「ド」です。

 

 

 

第1回目はここまでにします。

 

基礎的なところで、ここをしっかりと理解しておくと、この先の理論を学ぶうえで大きく違います!

 

また定期的に更新したいと思います。

 

では、また。