音楽

初心者ドラマー必見!ドラムリフがカッコいい洋楽ロックの練習曲3選!

こんにちは!ドラマーとぺです!

今回はドラムのリフパターンが印象的な曲を3つご紹介したいと思います!

とぺ
とぺ
自分で叩くドラムパターンがマンネリ化していませんか?そんな時に参考になるべきフレーズをご紹介!

ドラムリフがカッコいい参考になる洋楽ロックの練習曲3選!

ドラムリフで曲を引っ張っていくような曲を中心に選びました!

こういった曲たちは演奏していてとても楽しいのでぜひ参考にしてみてください!

NIRVANA 「Scentless Apprentice」

NIRVANAのアルバム「In Utero」の2曲目に収録されています。

印象的なドラムフレーズで始まる曲!

終始このリズムで曲を引っ張っていきます!

1バスで16分で踏んでいくので慣れるまでかなり疲れます。

そして重心が崩れやすくなってきますので、体の中心に意識を集中して叩くと良いと思います。

重くずっしりと演奏したいところです。

安定してバスドラを踏むためにとても参考になる動画がありましたので見てみてください!

安定したバスドラを鳴らすためには座り方や呼吸法はとても大事になります!

こちらも習得しておきたいところですね!

 

その他体幹を鍛えるトレーニングでかなりおすすめなのがバランスディスクです!

ドラムで芯のある音量を出すには筋肉ではなく体の使い方が大事となります!

むしろ筋力まかせだと音量もですが良い音色は出ません!

体幹トレーニングをすることで違いが確実に分かるはずです!

体幹が鍛えられるバランスディスク↓

THE BEATLES 「Come Together」

イントロのドラムがかなり逸材です!

ビートルズのアルバム「Abbey Road」に収録されている「Come Together」です!

独特なグルーブで演奏を引っ張っていきます。

リンゴスターのドラムはやや後ろ目に叩くと感じが出ると思います。

次にリンゴスターのドラムグルーブについて偉大なドラマーたちが語っています。

かなりおもしろいので見てみてください!

 

数々のドラムリフを発明したリンゴスターは多くのドラマーたちから愛されているのが分かりますね!

そしてとてもシンプルなのが特徴です!

ノリを出すために2拍目、4拍目の裏に聴こえるか聴こえないかくらいの粒を入れてみてください!

曲の頭拍の部分のノリが自然と変わることと思います!

分かりやすい動画があったので意識して視聴してみてください!

とてもノリが分かりやすいかと思われます!

そしてやはり体制がブレておらず安定感がありますね!

RADIOHEAD  「Morning Bell」

続いてはRADIOHEADです!

アルバム「KID A」に収録されている「Morning Bell」です。

この曲は5拍子で独特なリズムパターンです。

まるで打ち込みのようなとてもタイトなドラムが印象的です。

決して派手ではありませんがこの曲の浮遊感を際立たせています!

まず拍を数えられるようになるのが大事です!

英語ですがこの曲のドラミングが分かりやすく解説されている動画がありましたので参考にしてみてください。

慣れるまでは馴染みがない分かなり難しいです。

曲を聴くとスローテンポに聴こえがちですが、実際意識しているテンポは割と速いです。

BPM142といったところでしょうか。

普段4/4拍子の曲ばかりでマンネリしている方はこのようなリズムを取り入れてみるのも良いかと思います!

その他、様々な拍子についての動画を載せておきます。拍子への理解が深まればと思います!

 

いかがだったでしょうか?

少しでもいつもと違ったドラミングへの入り口になったなら幸いです!

 

また安定したドラムを叩くためのエクササイズも取り入れてもらえたらと思います!

スティックを握ってない時でもドラムに繋がるトレーニングは出来ますので色々試してみてください!

今回はこのあたりで!

またトレーニングやドラムに関わることを書いていこうと思いますので興味があったら覗いてみてください!

では!