音楽

初めてのドラム!ドラムセットの名称やドラム譜面の読み方を覚えよう!

こんにちは!

今回は、ドラムセットの太鼓やシンバルの名称やドラム譜の読み方を分かりやすくご紹介していきます。

こんな方におすすめ!

・ドラムを始めようと思っている方

・ドラムを始めたばかりでコピーしたい曲のドラムスコア(譜面)が読めない方

ドラムを始めたばかりだと分からないことだらけですよね。

そんなあなたにも分かりやすく解説していきたいと思います。

初めてのドラム!ドラムセットの名称やドラム譜面の読み方を覚えよう!

早速、たくさんあるドラムセットの名称を説明します。

そして、そのセットの太鼓やシンバルの譜面での表記を説明します。

ドラムセットの名称

画像のようなセットが一般的にオーソドックスなセットとなります。

名称は画像の通りです。

順に役割などを解説していきます。

バスドラム

 

バスドラ、キック、ベースドラムという呼び方もあります。

ドラムペダルを取り付け足で鳴らします。

曲の土台の低音の担う役割があります。

スネア

 

スネアドラムもリズムの土台を担います。バスドラ、スネア、ハイハットは3点セットと呼ばれます。

ビートのアクセントを主に担っています。

ハイハット

 

ハットと略して呼ばれます。

小口径のシンバルを上下に重ねてフットペダルを操作しオープンやクローズなど様々な音色を奏でます。

ビートを刻む役割があります。

クラッシュシンバル

 

小節の区切りやアクセント時に使用します。

音量も大きくパワーがあります。

左右両方にセッティングするのが一般的です。

ライドシンバル

 

ハイハットの様にビートを刻む役割があります。

ハイハットとはまた違った音色を奏でることが出来ます。

高音で硬いサウンドが特徴です。ハイハットと使い分けることで曲の色に変化を付けることが出来ます。

タムタム、フロアタム

 

写真の上部2つがタムタムと呼ばれています。

座って左側の口径が小さいほうが「ハイタム」右側の大きい方が「ロータム」と呼ばれています。

ハイタム、ロータム、フロアタムのの順に音程は低くなっていきます。

主にフィルインや曲にインパクトを加えるときに使用します。

フロアタムはハイハットの様に低音でリズムを刻むときにも使用する時があります。

低くどっしりとした演奏がしたいときのアプローチなどで使用します。

 

ドラムの譜面の読み方を覚えよう!

ドラムセットの名称や役割は理解できたでしょうか?

次は実際に各パーツが譜面にどう表記されているか解説していきます。

一応見やすいようにPDFも貼っておきます。

ドラム譜

タブ譜や譜面により多少違いがある場合はありますが、基本はこんな感じです。

ぜひ、覚えてみてください!

8ビートの練習

譜面も大体理解できたようなら次は実際に練習に入っていきましょう!

ドラムの基本、8ビートをご紹介します。

分かりやすい動画があったので練習の参考にしてみてください。

次に様々なバリーエーションの8ビートも作成しました。

8小節目は16分音符の基本のタム回しのフィルインが入っているので練習してみてください。

参考音源は譜面の下に貼っておきましたのでどんな音色になるか聴いてから練習に入ってみてください!

  1. 8


 

今回はドラムセットの役割や譜面の読み方について解説していきました。

少しでも参考になったなら幸いです。

また色々な練習になりそうなこともご紹介していこうと思うので、お暇なとき覗いてみてくださいね。

ドラム楽しんでいきましょう!

では、また!