漫画

モンキーピーク最終巻12巻のネタバレ感想と考察!最終的な結末は?

こんにちは!とぺです!

今回は最近どハマりした漫画「モンキーピーク」の最終巻12巻のネタバレ感想と考察をしていきたいと思います。

今年に入って一気にハマりすぐ全部買って読んでしまいました!笑

とぺ
とぺ
最終的に誰が生き残ったか気になりますよね~

モンキーピーク一気読み!全巻セットはこちらから↓

前回までの大まかなあらすじ

・長谷川と林は猿の仲間でしかも親子だった!

・唯一、魔猿を操れるトオルが安斎に銃殺される!

・命からがら早乙女たちは魔猿を退ける!

・道中、謎の大学生「田畑」と出会い行動を共にする!

・山頂に辿り着いたがナタを持った最初に襲撃された猿が!

ざっとこんな感じです。

とぺ
とぺ
謎の大学生「田畑」の存在が何だか不気味です!

モンキーピーク12巻のネタバレあらすじ

まず今現在の生き残っている人物をまとめておきましょう!

・早乙女

・佐藤

・林

・安斎

・大学生の田畑

上記の5人です。

いや~大分減りましたね。この中で誰が最終的に生き残れるのかが気になります。

次に、12巻のポイントです。

・大学生田畑の存在

・魔猿との決着

・安斎との生き残りをかけた戦い

・最終結末は?誰が生き残ったか?

上記の4つとなります!

順に考察をしていきたいと思います。

大学生「田畑」の正体!

頂上で魔猿と安斎を迎え撃つ覚悟を決めた早乙女一味。

そこに、魔猿が現れて戦いが始まります。

一瞬で最初にいた猿がやられてしまいます。

絶体絶命の中、早乙女が何とか魔猿の動きを抑え込み林が火縄銃で仕留めようとしたとき、、

しやがった!!

やっぱり!危ない奴だった!

怪しいとは思っていたけどやはりと言った感じでした。

トオルの友達で助っ人と話しています。しかし、トオルが安斎にやられたことは分かっていませんね。

しかし、ここに来てなかなかめんどくさい奴が登場しました。

魔猿との最終決着の行方は!

絶対絶命の中、魔猿は早乙女にとどめを刺そうと牙をむきます!

ピンチ!!

安斎が登場し魔猿に銃を放ち魔猿を追い払います。

魔猿が逃げようとしたところを林が最後の力を振り絞り火縄銃で仕留めます!!

魔猿を撃破した喜びも束の間、ここからは安斎との最終決戦に突入します。

そして、田畑が安斎に取り入ろうと登山者を装い接近します。

全てを聞いていた安斎は田畑を刺し、崖の下に蹴落とします。

かなり残忍になった安斎はもはや恐怖でしかありません。

ここで安斎は過去の藤谷製薬の事件について語ります。

怒りがピークの早乙女一味。

しかし、仕留めたはずの魔猿がいないことに気付きます。

一旦、戦いを中止し安斎と共闘することに決めた早乙女だが毒が回ってきており立っているのもやっとな状態です。

そこに魔猿が奇襲を仕掛けてきた一瞬で安斎を気絶させる打撃をお見舞いします!

絶対絶命の中、早乙女が鎖を魔猿に巻き付け動きを止めようとします。

しかし、魔猿の力はすさまじく段々と引き戻されていきます。

そこに、、

宮田登場!!!!!!

生きてた~~!

これには私も泣きそうになりました!笑

二人で力を合わせ鎖をはしごに掛けて魔猿の動きを完全に止めることに成功!

後は上にいる安斎にとどめを刺してもらいたいのだが意識もうろうとして動けません。

そこで覚悟を決めた佐藤。

火縄銃の火薬で魔猿を倒そうと決心します。

見事に作戦は成功し魔猿に致命的なダメージを与えました!

しかし、佐藤の右腕が、、、

かなりグロいシーンですが佐藤大活躍です!

そこから瀕死の魔猿を早乙女と宮田で崖から落とし魔猿撃破!

今度こそ間違いなく最後です!

いや~しぶとかったですね。。

ここからまた安斎との対決とかハードな内容だなと感じます。

 

モンキーピーク一気読みしたいなら!全巻セットはこちらから↓

安斎との生き残りをかけた最終決戦!!

魔猿を倒した早乙女たち。

田畑に刺された林が早乙女にこの計画について語りました。

必ず殺すを「S」、出来たら殺すを「A」と社員を分けていた林と長谷川。

そして、早乙女には出来るだけ生き残らせる「Z」。

この悲劇を語り継がせる語り部になってほしいと思いを伝えます。

そして、毒の名前「セロキトトキシン」を早乙女に伝え呼吸を確保しておけば死なないことが判明します。

しかし、林が飲んだ毒は助からないと早乙女に伝えます。

最初から死ぬ覚悟だったという事でしょう。

そして、最後に「笑って」と言い残しこの世を去ります。

ヒロインと思っていた林が死ぬことはかなり予想外で悲しかったです。

最後まで生き残ると予想していた人は多かったのではないでしょうか。

そして、気を取り戻した安斎との最終決戦へ。

佐藤がトランシーバーで宮田に警察に連絡するように頼んだところ、銃で脅し安斎がトランシーバーを奪ってしまいます。

そこで安斎がこれからの計画を語りだします。

しかし、、、

宮田が崖から落ちた時に運よく警官の上に落ちて助かり、警官からトランシーバーを拝借していました!

宮田の誘導尋問に見事に引っかかった安斎。

良くやった!宮田!

警官から投降するように言われますが完全に我を失い逆上して宮田に銃を放ちます!

早乙女の捨て身のタックルで何とか急所を外せましたが、肩に銃弾が当たってしまい宮田は戦闘不能状態に、、

 

ここからは早乙女と安斎の一騎打ちです!

殴り合いでの勝負に挑みますが安斎には全く歯が立ちません。

安斎の戦闘能力が高すぎて絶望感しかありません!

トオルをいとも簡単に倒したのですからあたりまえでしょうか。

強すぎます!

とうとう安斎にボコボコにされて早乙女は気を失ってしまいます。

安斎は残された宮田と佐藤に牙を向け、ここまでか!と思ったとき何とか意識を取り戻した早乙女が最後の賭けに出ます!

決死の自爆ダイブ!!火事場のクソ力的なやつです!

これで勝負ありか!

と思っていましたが崖の下で二人とも生きていました!!

しかし、早乙女は瀕死の状態。

安斎も致命傷を負っていますが、まだ動ける余力はありそうです。

しかし、早乙女に謎の言葉をかけ近くにあった岩を拾い上げます。

とどめを刺されるのか~と思いましたが、崖から落とされた田畑が生きており逃げようとしていたのを発見した安斎はその岩を田畑目がけて遠投します!

今までノーコンと言われていた安斎ですが見事に命中させ田畑にとどめを刺しました。

しかし、ここで力尽きてしまいます。

早乙女にとどめを刺せる余力を残していたのにもかかわらず、とどめを刺さなかったのは最後の最後でわずかに残っていた良心がそうさせたのかもしれませんね。

何はともあれこれで長かった戦いも終焉を迎えました。

最終結末は?

最後まで生き残ったのは

・早乙女

・宮田

・佐藤

以上3名でした。

佐藤が生き残ったのは若干意外でした。

そして、早乙女と佐藤が恋心を寄せ合っているというところも意外でした。笑

え?そこ?ってなりますよね!笑

この漫画のヒロインは最終的には佐藤ということでいいんでしょうかね。

そして、三人でこの体験を語り部として本にすることにします。

まあ何とも仲良さそうですね!ハッピーエンドな感じかなと思ったら、、

また何やら続く予感がする文面が、、

一部完!ということでまた2部があるのかもしれませんね。

しかし、こんなにもハラハラした漫画は久しぶりでした!

人間の悪い部分と良心の狭間での葛藤がとてもリアルで自分だったらどうするかな?と考えさせられました!

また2部が出てくれることを期待しつつこの辺で終わります。

ではまた。

モンキーピーク一気読み!全巻セットはこちらから↓