サッカー

バルセロナ2020年冬の移籍シーズンの補強ポイントは?加入、放出を予想してみた

こんにちは、バルサファン歴10年のとぺです!

さて、1月はッカー界では冬の移籍期間に入ります!

今回はどんな動きを見せてくれるのでしょうか。

今回は冬の移籍で加入、放出が噂されている選手をご紹介していきたいと思います!

補強ポイントは?

https://sport-japanese.com/news/id/15362

・スアレスに変わる時期エースのストライカー

・右サイドバック

・センターバック

上記の3点だと予想されます。

今夏に獲得したグリーズマンもチームにフィットしているとは思えない状況で今冬もストライカー獲得に向けた新たな動きを見せる可能性が考えられます。

右サイドバックでは今シーズン、セメドが務めています。

ジョルディ・アルバが負傷離脱している間は左サイドバックに入り、右に昨シーズンまで右サイドバックで起用されていたセルジ・ロベルトが入って穴を埋めることができました。

しかし、バルベルデ監督はセルジ・ロベルトを中盤で起用することを考えているので右サイドバックの控えを獲得することが急務と考えていることと思います。

トップチームに昇格したムサ・ワゲはまだまだ信頼を勝ち得ておらず選手層に厚みをかけたいところです。

センターバックでは、ピケが2022年まで契約となっておりますますが、年齢的なものもあり次なるディフェンスリーダーの獲得もしくは育成が課題となっています。

今冬に獲得の噂がある選手

・オーバメヤン(アーセナル)

・ウィリアン(チェルシー)

・ネイマール(PSG)

・ラウタロ・マルティネス(インテル)

・ミレンコヴィッチ(フィオレンティーナ)

先ほど、右サイドバックの補強を予想しましたが11月現在で噂されている情報はまだ見つかっておらず、これからかもしれません。

FW部門では、ビッグネームが勢ぞろいの状況です。

ネイマールは今夏にバルサ復帰になるかと賑わせてくれましたが実現できず、今冬に念願が叶うのか注目したいところですね。

ネイマールは2022年までPSGとの契約が残っておりPSGがこれを2025年まで引き延ばす契約を提示しましたがネイマール側がこれを拒否したという報道がありました。

ネイマール自身はバルサ復帰を熱望しているとのことです。

アーセナルのチャンピオンリーグから遠ざかっている影響もあることから、移籍の噂があるオーバメヤン。

バルサもオーバメヤンの動向をチェックしているとの情報があります。

アーセナルは同選手が退団を望む場合は、他チームからのオファーを聞き入れる約束となっているとのことでこちらも注目したいポイントです。

今シーズン限りで契約が満了するウィリアン。

新たにチェルシー側から2年の契約延長を提示されたが、これを断ったという報道がありました。

1月からの獲得レースの大目玉になりそうな存在で注目していきたいです。

現在、イタリア王者のユベントスもウィリアンの動向に注目しているようです。

今冬に放出の噂がある選手

バルサファンなら溜息が出そうなもんですが、長年チームを献身的に支えてくれていたラキティッチが退団する可能性が極めて高いです。

今シーズンは、先発出場も少なくローテーションから外れている同選手は出場機会を求めて1月での退団を希望しているようです。

アトレティコ・マドリードなどが関心に興味を持っているようです。

現在31歳のラキティッチの動向に注目が集まります。

・ラキティッチ

・ウムティティ

・アルトゥール・ビダル

・デンべレ

・トディボ

トゥールーズからバルサに移籍してきたフランスの有望株のトディボだが、十分な出場機会は得られておらず退団する噂が出ています。

同選手を複数のクラブが関心しているとの報道もありました。

個人的には、現在19歳ということもありじっくりと育成していけば次なるディフェンスリーダーとなる資質が十分あると思っています。

バルサ側も買い戻しオプション付きのローン形式を組むつもりとのことなので、同選手への期待が込められているといえます。

デンべレについては、ネイマールがバルサを復帰する際にトレード要員で出される可能性があります。

しかし、本人はバルサ残留を希望しているので実際は不透明なものだと思います。

まとめ

個人的に一番加入してほしいのはネイマールです!

理由は、以前バルサでプレイしていたこともありチームにすぐフィットすることが考えられるからです。

今シーズン加入したグリーズマンですら苦しんでおり、バルサのサッカーにすぐ順応することは特に難しいと感じます。

しかし、金銭面で多くの問題を抱えています。

今夏に1億ユーロ(約118億円)+コウチーニョを加えたオファーを断られた経緯もあり、今冬もそれ以上のオファーが必要となる予想があるからです。

ファイナンシャル・フェアプレーの件があることから、ピケはネイマールを受け入れるために給与の引き下げや支払いの延期を申し出たというくらいですから今回も難航することが予想されます。

しかしこのことから、バルサのチームメイトもネイマールの加入を望んでいることが分かります。

今冬のネイマールの動向に注目が集まります。

今回はこれくらいで終わります。

ではまた。