音楽

ドラム初心者におすすめ!簡単でかっこいい洋楽ロックの練習曲3選!

こんにちは、とぺです!

今回はドラム初心者にぴったりな練習曲をドラム歴20年の私、とぺがご紹介します!

ドラム始めたばかりで何叩こうかな~

何だかドラムは難しそうだな~

という方にピッタリの内容になっていますので是非参考にしてみてください!

練習する前に予備知識

いざ、練習する前に初心者が選ぶべき曲や練習方法で大事なことをご紹介します!

選曲について

まず、曲選びからです。

いきなり難しいフレーズばかりだと前に進むのが遅くなるし、挫折しがちになりますよね。

初心者が曲を選ぶ際のポイントは、

・テンポが速すぎないこと

・フィルインが多すぎない曲

・比較的に同じリズムのループが多い

・曲の構成がシンプル

などがおススメなポイントです。

具体的に解説していきます。

テンポが速すぎない

初めからBPMが速い曲から挑戦すると、曲についていけないこともありますが、フォームが不完全な状態で無理に速い曲を挑戦してしまうと

体に変な力が入ったり、力んでしまうことが癖になりがち!

曲についていこうと必死になるあまり、曲の大事なノリを疎かにしてしまいがち!

この2点があげられます。

癖っていうのは厄介なもので一度付いてしまうとなかなか取れません。

良い癖ならウェルカムなのですが、悪い癖となると付けたくないのが本音ですよね。

リラックスした体の状態で叩ける速さの曲から挑戦し、慣れてきたらだんだん速い曲に挑戦するのが良いと思います!

リラックスは最高の武器だと思います!

そして、大事なことは音楽的であることかなと思います。

いくら、難しいフレーズや速い曲が出来たとしても音楽としてのグルーブ(ノリ)が無ければただの自己満足になってしまいます。

バンドは1人ではないので、全員で1つの曲を共有することを忘れないことが大事です!

フィルインが多すぎない曲

ドラムを始めたばかりのころ、やっぱり憧れますよね!

始めから難しいフィルを入れようとはせず、全体のアンサンブルを意識したドラムを心がけるのが大事かなと感じます。

フィルは、場合によっては演奏を壊しかねないこともあります。

めちゃくちゃ極論を言うと、フィルなんか無くても曲は成り立ちます!

自分が何が出来るかにとらわれ過ぎず、他の演奏者の音をよく聴く癖を付け演奏するのが始めは良いかなと思います!

全員で楽しい空間が作れたら最高ですよね!

そういった感じでそんなに手数がない曲を選ぶのがおススメです。

比較的同じリズムのループが多い

こちらは、単純にビートキープが上達します!

やってみたら分かると思いますが、同じリズムをループして叩き続けることって簡単そうに見えて実は難しいです。

どこかで、もたったり速くなってしまったり一定に保つことは難しく実は奥が深いです。

曲の構成がシンプル

Aメロ→Bメロ→サビなど分かりやすい構成の曲を選ぶのもおススメです。

こちらも単純な理由で、曲が覚えやすく練習に入っていきやすいです。

曲を練習する際に構成のカテゴリー別に覚えていけることも理由の1つです。

ドラム初心者のおススメ洋楽練習曲

ここからは、上記で紹介したポイントをおさえた練習曲をご紹介します!

OASIS 「live forever」

まずUKロックの代表的存在、オアシスの名曲「live forever]

イントロのドラムリフが印象的でかっこいいですね!

ライドシンバルとフロアタムを使ったフレーズです。曲を聴いてみたら分かると思いますが、この曲のドラムは歌を最大限に生かすようにとてもシンプルです。

フィルインもあまりなく、無駄を一切排除したようなドラミングで勉強になります。

演奏する時は、体の中で16分音符を感じながら叩くと(チキチキチキチキなど)ノリが出やすいと思いますので試してみてください!

下の動画でドラムの手順などある程度把握できると思いますので参考にしてみてください。

ポイントは、ライドシンバルの音量に気を付けましょう!

ガシャガシャ鳴らし過ぎないように、スティックを当てる位置を意識する!

 RANCID 「Time Bomb」

続ては、パンクバンドの重鎮ランシドの「Time Bomb」です!

こちらも特別難しいフレーズなどはなく、4つ打ちの8ビートで引っ張っていく楽曲です!

私もドラム始めたころは、コピーしました。

実際バンドで演奏するとベースとドラムの絡みが気持ちよく感じると思います!

ギターのスカピッキングもリズムを引き立てるうえで重要ですので、全員でリズムを共有できると楽しいですね!

後は、パンクなんで細かいことは気にせずノリでいきましょう!笑

分かりやすい手順の動画があったので下記に貼っときます

こちらの動画はバスドラを1拍目頭だけ踏んでるのですが個人的には1拍目、3拍目の頭を踏んで叩いた方が雰囲気出ると思いますので試してみてください!

ポイントは、ベースやギターのスカピッキングと共有してリズムを作り出す

あとは、ノリノリで演奏しましょう!

 The Strokes 「12:51」

最後は別の記事でも紹介しましたが、ストロークスの「12:51」です!

初めての洋楽ロック!聴いたらドキドキが止まらないバンドおすすめ3つ!こんにちは!洋楽好きドラム歴20年のとぺです! 今回は洋楽聴いてみたいけど聴いたことあんまりないし、そもそも何聴いたらいいの? ...

もう本当に「シンプルイズベスト」!

全楽器のパートが無駄なことはしない、演奏で全部が合わさった時に出る高揚感は計り知れません!

こちらも8ビートで引っ張っていく楽曲です。

バンドで演奏するとドラムのアプローチがとても勉強になります。

個人で練習していると、こんなにもシンプルでいいの?

って気持ちになりそうですが、バンドで合わせると不思議にこれがいいんだ!って分かると思います。

まさに、バンドマジックというところでしょうか!

バスドラを敢えて抜いてるところなどアプローチとしても勉強になるんではないでしょうか。

極限まで削ぎ落とした、引き算のドラムです!奥が深いです!

こちらも分かりやすく叩いている動画がありましたので下記に貼っておきます!

ポイントは、ハイハットの8分の粒がぶれないように叩く

他のパートの音を良く聞く事

曲最後の部分はライドシンバルになるので音量を少し上げて叩く

いかかだったでしょうか。

ご紹介した3曲はどれも初心者の方でも簡単に叩ける楽曲なので、入り口としては最適だと思います!

そして、最後に曲をコピーする時の注意点です!

知らない曲の場合、いきなりコピーするのではなく曲のノリや構成、歌を鼻歌で歌えるくらい聴いてから練習を始めた方が遥かに時短となります!

自分のなかに入ってからやらないと、なかなか覚えることが出来ませんので参考にしてみてください!

初心者の方がドラムを頑張れるきっかけに少しでもなれたら幸いです!

また、他のドラムのことも発信していけたらなと思います!

今日はこのあたりで

では、