漫画

「カクカゾク」第6話のネタバレ感想と考察!家族の過去と親友が、、

こんにちは!

 

待ちに待った「カクカゾク」第6話が配信されました!

 

今回も6話を読んでの個人的感想や考察をしていきたいと思います!

 

 

注意:この先ネタバレがありますので知りたくないという方はここで閉じてください。

 

「カクカゾク」前回までの大まかなあらすじ

まず前回書いた記事で詳しく読み返したい方はこちら↓

「カクカゾク」第5話ネタバレ感想と考察!化け物の正体は地球外生命体だった!こんにちは! カクカゾク第5話配信されました! 今回は驚愕の内容となっていました! 一体、化け物はなぜ...

 

おじいさんが突然この世の言葉とは思えない言語を話し始めいつものボケだろうと縁ら家族は思っていたが違った!

 

おじいさんには、何者かが憑依していた。

 

 

そして、衝撃の事実を話し出す。

 

 

 

なんと化け物の正体は地球外生命体だった!

 

 

 

そして、縁らは隕石の衝突で死んでしまい、その肉体は地球外生命体が修復したもので彼らと一心同体のようになっていた。

 

隕石に乗ってやってきた彼らは、

 

同族を食べることでしかエネルギーを得られない

 

・家族を食べてより大きなエネルギーを得る

 

 

ことを話した。

 

 

縁らは困惑のなか衝撃の事実を知るのだった。

管理人
管理人
前回は衝撃の内容でした!
助手
助手
血の繋がった者同士を媒介することで大きな力を発揮するとも言っていました!だから街中が化け物だらけだったんですね!

「カクカゾク」第6話のネタバレ感想と考察!家族の過去と親友が、、

今回は、大きな展開は無かったのですが家族の過去や友達との暖かなやり取りがありました!

 

 

ほのぼのとしていたのですが、最後にどんでん返しが!!

 

「カクカゾク」第6話の大まかなあらすじ

第6話の大まかなあらすじです。

 

衝撃の事実を知った縁ら家族。

 

皆が取り乱し、また元のバラバラな家族となってしまいます。

 

 

そこに、縁の友達のモジャが訪問。

 

他愛のない話から家族の過去を思い出します。

 

 

幼いころの家族は絆を大事にして

父親も優しく強かったころを思い出し悲しくなります。

 

 

そんな時、モジャからモジャの兄が隕石で死んでしまったことを聞きます。

 

お互い励まし合い前向きに生きようと決心します。

 

 

明日から学校に通おうと言われ

 

 

翌日、登校をしますがこんな事態なこともあり休校していました。

 

しかし、学校の入り口の鍵が壊されておりモジャが入ったのだと察した縁は教室まで向かいます。

 

 

しかし、そこにいたモジャの様子がおかしかった。

 

 

突然変な発言をしたり他の誰かと会話しているような様子だった。

 

 

そして、突然縁に騙してごめんと謝り縁を食べるべく化け物に変化したのだった。 

管理人
管理人
めっちゃいい奴そうだったモジャも化け物だった!何かショック!
助手
助手
縁単体だとピンチですね。次回はどうなるのか。

 

「カクカゾク」第6話のネタバレ感想と考察

 

第6話は、ほのぼのとした内容で終わると思いきや最後の最後でどんでん返しを食らいました!

 

まさに嵐の前の静けさって感じですね。

 

 

今回はポイントとなるのは以下の1つかなと思います。

 

なぜモジャが縁を食べることを我慢できなくなったのか?

管理人
管理人
何であんないい奴がいきなり襲い掛かってきたんだろう?友達でしょ?
助手
助手
モジャにも葛藤があるように見えましたが、何か訳がありそうですね。

 

 

描写からモジャも最後まで悩んでいるような気がしました。

 

縁を襲った理由は

 

 

・食べないと栄養が不足してエネルギー不足になる

 

・モジャが合体している家族の意見

 

 

ではないかと考えています。

 

 

モジャも出来れば縁を襲いたくないといった感じが見て取れました。

 

 

しかし、より強いエネルギーを得るため深い絆がある縁を襲わなければならなかったということではないでしょうか。

 

 

このピンチをどう切り抜けるのか気になります!

 

今回も謎の女は出てきませんでしたね。

 

次回、このピンチを切り抜ける為に、出てくるような気もします。

 

はたまたモジャが思いとどまることができるのか。。

 

皆さんはどう思いますか?

 

またご意見をお聞かせください!

 

 

まだまだ多くの謎があるので楽しみに待ちたいと思います。

 

今日はこのあたりで。

 

では、また。