漫画

「カクカゾク」第5話ネタバレ感想と考察!化け物の正体は地球外生命体だった!

こんにちは!

カクカゾク第5話配信されました!

 

今回は驚愕の内容となっていました!

 

一体、化け物はなぜ突然出てきたのか、、

 

謎が明らかになります!

 

それでは、いつも通りやっていきたいと思います!

前回の記事はこちら↓

「カクカゾク」第4話のネタバレ感想と考察!謎の女の出現!正体は?こんにちは! 「カクカゾク」第4話が配信されました! 今回もぶっ飛んだ内容で見どころがたくさんでした! では、ネタバレ...

「カクカゾク」前回までのあらすじ

それでは、まず前回のあらすじから

街中に化け物が何体も現れパニック状態に。

 

次々と人を襲っていく化け物たち。

 

縁たちも化け物の攻撃で吹っ飛ばされます。

 

俺たちはあんなんじゃない!

 

と動揺を隠せないまま逃げることに。

 

その時、突然動悸が起こり意識が朦朧とし倒れてしまいます。

意識が薄れていく中、女が突如現れ

 

 

「ったく、弱っちい家族。」

 

 

と言われたのを最後に気を失ってしまいます。

 

 

目が覚めると家のはなれであることに気付く縁ら家族。

 

合体が解け元通りになっていた。

 

 

これは夢か現実かで言い争っている中、テレビから

 

 

「緊急事態宣言を可能にする特措法を検討している」というニュースが流れます。

 

映像では昨日の惨劇が起こった街が映っており現実に起こったことだと知ったのだった。

管理人
管理人
前回出てきた謎の女の正体が気になります!
助手
助手
この先の展開に大きく関係しそうだなと話していましたね。

「カクカゾク」第5話の大まかなあらすじ

昨晩の出来事が現実だと知った縁ら家族。

家族で言い争いをしている中、

おじいさんが、

 

「おちつけ。全員集合。」

 

と話し始めます。

 

どうせいつものボケだろうと思っていると、、

 

「$#&%?*$#!’*:‘&=$#」

 

的な謎の言葉を発し一同が騒然とします。

続けて

 

「私はきみらの祖父ではなく、昨日の隕石と共にきた地球外生命体だ」

と衝撃的なことを話し出す。

 

話を聞いていくと

 

縁たち家族は昨日の隕石の衝突で死んでしまい、その衝撃で散った肉体は地球外生命体の細胞と混ざり合い修復されたと言うではないか。

 

そして、その肉体は縁たちの元に来た地球外生命体のものになっているということでテレパシーで意のままに動かすことができる。

 

昨夜、戦った化け物もその地球外生命体と同族、そしてその地球外生命体と共生を余儀なくされた家族と判明した。

 

その地球外生命体は同族を食うことでしかエネルギーを得られず、また昨晩のような戦いが起こることを話される。

 

そして、縁ら家族も他の家族を食べなければいけないことを知るのだった。

管理人
管理人
とうとう化け物の正体が明らかになりました。
助手
助手
以前予想していてましたが、まさか地球外生命体とは驚きです!

「カクカゾク」第5話のポイント

第5話のポイントは以下の2つです!

 

・地球外生命体が地球に来た理由は?

・第4話の謎の女の正体は?

 

今回は第4話で登場した謎の女は出てきませんでしたがますます存在が気になります!

 

では順に考察していきましょう!

「カクカゾク」第5話ネタバレ感想と考察!化け物の正体は地球外生命体だった!

それでは上記にあげたポイント2つを考察していきましょう!

地球外生命体が地球に来た理由は?

そもそもなんで地球に?

 

おじいさんに寄生した地球外生命体はこう語っています!

 

「我らは血の繋がりを持つ者同士を媒介し細胞を繋ぎとめることで圧倒的な力を発揮する。」

 

なるほど。

 

だから多くの人間が生息する地球にやってきて大きな力を得て食事をするためにやってきたのだと考えられます。

 

単体では本来の力を出すことが出来ないと語っていることからまた昨晩の家族の群れと戦うことになりそうなので合体は必須そうですね。

 

・第4話の謎の女の正体は?

第5話では謎の女は出てきませんでした。

 

しかし、化け物の正体を知ってそうな口ぶりでしたよね。

 

そのことから、謎の女は

 

女性に寄生した単体の地球外生命体ではないかなと予想しています!

 

おじいさんに寄生した地球外生命体のような感じですね。

 

謎の女も縁らに寄生する地球外生命体のように家族に寄生しているかもしれませんね。

 

第6話でこの辺が明らかになったらいいですね!

 

それでは、また来週を楽しみに待ちたいと思います!

 

では、また!